重い

 

 

   
  何もかもが

 

 

    重い

 



     












  重力すら もう 感じない
       







        重いのは
ぼく自身

       

         





   

  ぼくの

   

         






弱った
いたるところが
ぼくの
重さで
   



どんどん
     
  下へ  
  地面へと  
    おしつけられていく。