何冊くらいのアルバムにはおさまっているだろう。幸せそうな家族や、友だち同士、愛しあうカップルなんかの背景に写りこんだぼく。みんな、ぼくに気づいたかな。

「で、このひとは誰なの?」

「このひとって? ああ、ただの通りすがりのひとよ」