まるでよく見る夢のようだ。彼女がぼくに向かって走ってくる。
でもこれは夢じゃない!

すいません、警察署はどこでしょうか?

警察署? ちょっとわからな・・・

あ、そう。それじゃ!

待って! ああ、警察署ね。もちろんわかるよ。あっちだ。
いっしょに行こう。もどっちみちそっちに行くところだから。

よかった。私、これから・・・

パンを買うからちょっと待って。

あの、道を教えてもらえれば・・・

おいしいんだ、ここの全粒パンが! 穀物やナッツなんかがいっぱい入ったパンが大好きでね。
きみはどう? 
白パンのほうが好きなタイプ?

私、財布のことを・・・

待って。夕食用に野菜も買わなきゃ。カリフラワーにしようかな。いや、先週食べたばかりだ。
芽キャベツは、長いこと食べてないな。

・・・財布のことを届けでないと。

・・・それにジャガイモとレタス。
さあ、公園を歩いていこう。あそこの緑が大好きなんだ。

でも、それじゃあ・・・

鳥に花に樫の木。キツネもいるらしいよ。田舎に住めたらいいな。でも、何もかも手に入れるのは無理だね。都会でもいいや。もちろん、ヤク中や犯罪なんかには慣れる必要があるけど。でもここだと安心できる。

聞いて!

見て! アヒルだ! あいつらも全粒パンが大好きなんだ。エサをやる? あの大きいやつを見張ってて。いつだって全部取っちゃうんだ。よくばりめ。

私はただ・・・

ポニーを見たい? きみは馬が好きなタイプだと思ったよ。ここには大きな馬はいないけどね。小さいシェットランド・ポニーだけだ。でもすごくかわいいよ。あいつらもきっと全粒パンが好きなはずだよ。それともレタスかな。芽キャベツも好きかもしれない。

 

そうじゃないの!

ポニーはだめ? ほんというとぼくも嫌いなんだ。
実は以前・・・

違うの! ポニーもアヒルも見たくない。公園にも行かない。聞いて。私は警察署に行って財布の盗難届けを出したいだけなの。

でもぼくは・・・

だめ。

きみとぼくは・・・

だめ。

そう・・・ じゃわかった。警察署はあの通りのつきあたり、
左側だ。

ありがとう! 本当にごめんなさい。
あなたの気持ちはわかるけど・・・

いいんだ。急いでるんだね。

ええ、本当にありがとう!

さよなら。

そして彼女は去っていく・・・ ぼくの人生から消える・・・ 財布の盗難届けを出すために・・・ その財布は彼女が路面電車から降りたときにぶつかってきたヤク中に盗まれたんだ。そいつの名前はサム。金がないときは、いつもこの辺をうろついてる。だから、しばらくはサムにも会えないな。